トップ

今はやりの酵素とは一体?

最近、健康維持に関するキーワードとして「酵素」が取り上げられることが多いですね。ほかにもアンチエイジングや美容の分野でも酵素はクローズアップされていますので、耳にする機会が多いのではないかと思います。ここでは、注目の酵素についてその働きや効果についてご紹介してゆきたいと思います。

まず酵素とは一体どんなものなのでしょう。その概要をみて行きましょう。酵素には「なんとなく体に良さそう。」というイメージがあるかと思いますが、実際にはどんなものなのかよくわからない。という方が多いのではないでしょうか?酵素は体によい栄養素なのでしょうか?それとも生き物なのでしょうか?

私たちの体は60兆個もの細胞からなっています。それぞれの細胞の中にはDNAという設計図があり、臓器や器官、骨や筋肉など、体のすべてはこの設計図に従って細胞が組み合わさって作られています。DNAは遺伝子からできており遺伝子の集合体といえるものです。

「酵素」は体内のアミノ酸の細胞の中にある遺伝子が元になって作られるたんぱく質の一種です。人間の体の活動は呼吸も消化活動もすべてが化学反応であり、化学反応によって生体は維持されています。酵素はこれらの化学反応を起こすための「触媒」の働きをします。少し難しい言葉ですが、化学反応のお手伝いをする役目といえるものです。

体内で作られる酵素は一種類ではなく、さまざまな化学反応に適した酵素が何万種類も作られています。遺伝子の情報に従って、消化が必要な場所では消化酵素が、代謝が必要なところでは代謝酵素が作られているのです。

また、食品にも酵素が含まれているものがあります。発酵させて作られる食品はその過程で酵素が作られます。たとえば、納豆やチーズ、ぬか漬けやヨーグルトなどには豊富に酵素が含まれています。

Copyright © 酵素とはどのようなものか. All rights reserved.